彼氏のED原因や症状・改善方法や治療法にはどんなものがあるのか

このページではEDの原因と症状、改善方法や治療法、彼氏への対処法を確認できます。症状を和らげるには自分がどんな理由で勃起不全になっているのかを明らかにし、原因にあった対処をしていく必要があります。

心因性と器質性2つの原因がある

EDとは勃起不全のことです。ストレスが原因の心因性と、神経や血管になんらかの問題がある器質性の2つに大別されます。

心因性EDは原因に自覚があるかどうかで必要な処置が変わります。症状が浅ければカウンセリングのみで治りますが、そうでない場合は精神科医の力をかりねばなりません。

器質性EDは生活習慣病、加齢、外傷や手術などによって神経・血管に異常をきたすことで発生する病気です。海綿体に十分な血液が行かなくなり、正常な勃起が阻害されます。

陰茎の固さで症状が5段階に分類されている

体のどこに問題があるかで症状のでかたが異なります。アメリカで生まれた指標によるとEDは重さに応じて次の5段階にわかれるようです。

4.陰茎が硬直している
3.挿入できる固さだが完全ではない
2.硬くはなっているが挿入するには不十分
1.陰茎が大きくなるが硬くはならない
0.陰茎が大きくならない。

※4以外の場合は病院へ行くことも視野に入れたほうがいいでしょう。

また、よく混同される病気にインポテンツがあります。こちらは勃起、性欲、性交、極到感のどれかがかけたものをいいます。EDよりも幅がひろいためもしどれかに当てはまるようならインポテンツについて調べてみるのもいいでしょう。

改善するには日々の生活を変える必要がある

EDになる理由には血液がドロドロになったり、運動不足だったりすることがあげられます。脂肪分が多い食事の代わりに、魚、きのこ、海藻、納豆、お茶、野菜を毎日の食生活に取り入れることで血液をサラサラにしましょう。

また、タンパク質、亜鉛、ビタミンを摂取することで精子がつくられ勃起しやすくなります。大豆、生野菜などで効率よく摂取しましょう。他にも牡蠣、おくら、レバーなどは勢力を高める食べ物として有名です。

運動はスクワットやサイクリングなど下半身を鍛えるものがいいでしょう。日々トレーニングを続けると勃起力アップが期待できます。EDだけでなく生活習慣病も予防できますからぜひ取り入れてみてください。

薬を飲めば改善の手助けになる彼氏のED

根本的な解決には生活習慣を変えるのがベストでしょう。しかし薬を飲むことで勃起の感覚取り戻し完全に近づけます。

代表的な薬にバイアグラ、レビドラ、シリアスがあります。人気や食事の影響を受けやすいかどうか、効果が持続する時間が異なりますので状況にあったものを選ぶといいでしょう。

脳が性的刺激を受けると環状グリアシンーリンという海綿体を弛緩させ血液が流れやすくする物質が出ます。しかし5型ホスホジエステラーゼに分解されると勃起は長続きしません。薬にはこの分解を抑え、正しい勃起をサポートする効果があります。

彼氏EDには豊富な治療法がある

すでに上で出た食生活の改善や下半身の運動、薬の他にもICI注射やスローセックスを取り入れるなどの治療法があります。

スローセックスは挿入を目的としない性行為です。挿れなくても女子求めるHができると確信することで男性側はプレッシャーが減ります。ICI注射は効果や即効性があり、他の方法では改善しなかった方が最後に頼れる砦です。

神経や血管に問題がある方でも切って胃の効果を期待できます。ただし陰茎に直接注射するので勇気が必要です。

彼氏がEDになったときの対処法

彼氏を決してせめてはいけません。プレッシャーを与えるのではなく、薬やサプリ、スローセックスを導入したりしましょう。

彼女を気持ちよくさせられないと一人で抱え込み、さらに症状が悪化することもあります。女性の方からもEDに対する理解を示し、一緒に解決する姿勢を見せるのが早期解決につながります。

この機会に女磨きをするのもいいでしょう。女性に魅力を感じないからEDになるとは限りませんが、彼女が自分のためにささやかに努力してくれている姿は励まされるものです。

自分がどんな理由でEDになっているのか目星をつけましょう

EDの原因にはストレスが理由のものと、血管・神経に問題があるものがあります。症状は勃起時の硬さによって5段階に分類されます。

改善するためには食生活を変えたり運動を取り入れたり、生活習慣を見直すといいでしょう。ときには薬を利用し勃起感覚を思い出したり、セックスの楽しさを再認識するのもいいでしょう。いろんな方法を試してダメならICI注射という最後の手段もあります。

もし彼氏がEDになったら、責めたりしないで一緒に解決する姿勢を見せてあげましょう。EDは治る病気ですから、彼女の協力があれば怖いものなしです。